09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

秋深まり

2018.10.18 (Thu)

山の風景もすっかり秋めいて採れるきのこも移り変わってきました。

最近のターゲットはきのこハンター憧れの本シメジ!!
今年は例年より本シメジが多く採れている気がします。

IMG_9097.jpg

じゃーん!いっぱい採れました!旨味は天然きのこ界でもトップクラスです。
IMG_9107.jpg

晩秋のきのこの代表クリタケ。朽木に生えるきのこです。
IMG_9113.jpg

クリタケが採れ始めると秋も終わりが近いと感じます。
IMG_9114.jpg

IMG_9121.jpg

IMG_9108.jpg
16:06  |  天然きのこ狩り  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

きのこ仲間と山へ

2018.09.29 (Sat)

台風襲来の前の貴重な晴天。大急ぎで仕事を済ませた午後、きのこ仲間に誘われて山へ出かけて行きました。
塩山の牛奥第一葡萄酒(雨敬園)の雨宮さんです。雨宮さんも忙しい季節ながらなんとか山へ行く時間を作ってきたそうです。きのこは待ってくれませんからね!


今日のメインターゲットは香茸(コウタケ)。名前の通りとても香り高いきのこで希少性もあり高値で取引されているとか。
写真 2018-09-28 14 16 11

狙い通り出てます!出てます!
写真 2018-09-28 14 27 55

他にはムラサキホウキタケ。
写真 2018-09-28 14 31 21

スミゾメシメジなどなど。
写真 2018-09-28 14 22 27

サクラシメジもたくさん採れました。この辺りでは峰を超えてもどっさり出てるとこからミネゴシとも呼ばるぐらいで、当たり年には大豊作になります。
写真 2018-09-28 14 34 56
写真 2018-09-18 15 05 40

駆け足で約2時間。満足いく量が採れたみたいですよ〜!
IMG_9060.jpg
IMG_9061.jpg

この大きさ!細かく裂いてから干して保存するとなんとも言えない香りと強い旨味がいつでも楽しめます。
IMG_9065.jpg
01:28  |  天然きのこ狩り  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

秋の始まり

2018.09.18 (Tue)

やっと夏の暑さも収まり秋らしい日が増えてきました。
お店も忙しい日が増えてきたのですが、山のきのこは待ってはくれないのです。なんとか時間をちょっと見つけて山を回っています。


タマゴタケの成長。なぜタマゴタケというのかよく分かりますね!
IMG_8984.jpg
IMG_8947.jpg
IMG_8952.jpg

今年は沢山出たヤマドリダケモドキ(セップ/ポルチーニ)ですがさすがにそろそろ終わりの気配で勢いが止まってきました。
IMG_8981.jpg

千本シメジが出始めました。本シメジを筆頭にシメジと付くきのこにはとっても美味しいきのこが多いのです。これもかなり希少で美味しいきのこです。
IMG_8957.jpg
IMG_8961.jpg

フランスではトロンペット・ド・ラ・モール(死者のトランペット)なんて恐ろしげな名前で呼ばれていますが結構メジャーな食用きのこです。和名はクロラッパタケ。割とそのまんまな名前です。
IMG_8989.jpg

この辺りではミネゴシと呼ばれるサクラシメジも出始めました。タマゴタケやヤマドリダケモドキなどの夏のきのこからサクラシメジなどの秋のきのこに移り変わってきた様子ですね。
写真 2018-09-18 15 05 40

ここからは食べられないきのこです!
山に入ると食べられるきのこの何倍もの食べられないきのこが出ているんです。そんなきのこも見た目も色とりどり結構面白いものです。

タマゴタケを真っ白にしたようなドクツルタケ。名前の通り毒きのこでかなり強い毒性があります。見た目の優美さから「デストロイングエンジェル」なんて別名も。
IMG_8955.jpg

きのこっぽくないですがこれもきのこ。
IMG_8966.jpg

テングタケ系のきのこですがとにかくデカイ!
タマゴタケやドクツルタケ、ベニテングタケもテングタケ科のきのこなのですが、すっと伸びた足で傘が横に張っていて大型のきのこが多いです。でもテングタケ科のきのこはほとんどが毒きのこですね。タマゴタケ以外は見分けも難しいので食べない方が無難です。
IMG_8970.jpg
IMG_8976.jpg

この季節にはいつも毒きのこの食中毒がニュースになりますが、わからないきのこは食べないのが鉄則ですよ。俗に三大毒きのこと呼ばれるきのこがあるのですが、これらは先ほどのドクツルタケの様に猛毒ってワケではないんです。
三大毒きのこは「クサウラベニタケ」「ツキヨタケ」「カキシメジ」ですがこの三つには共通項があって、それぞれによく似た食用きのこがあるってことなんです。逆にドクツルタケやカエンタケは類似した食用きのこが少なく間違えにくいので三大毒きのこほどには食中毒の件数は発生していません。
とにかく自信を持てないきのこは絶対に採らない!ってのが鉄則ですよ〜!
21:46  |  天然きのこ狩り  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

秋めいてきました

2018.08.17 (Fri)

もしかしたらこのままずっと灼熱の夏が続くかと思うほどでしたが、お盆をすぎ一気に夏の終わりの気配が漂ってきました。吹き渡る風が爽やかで嬉しくなります。
山の様子は梅雨明けのヤマドリダケモドキ祭りの後しばらくはぼちぼちでしたが、そろそろ本腰を入れてきそうです。

年によっては爆発的な発生もあるタマゴタケですが今年はイマイチ。パラパラと出ている程度です。美しさではきのこ界No1ですね〜。


あまり量は採れないけどとっても美味しい「アカジコウ」。やや赤味がかった傘が特徴のイグチの仲間です。ポルチーニのような旨味の強い味わい。
IMG_8878.jpg

「ナラタケモドキ」、昨日から採れ始めて今日は背負いカゴに一山採れました。朽木に株になって生えるので時期が合うといっぱい採れるんですよね。良い出汁が出ます。
IMG_8870.jpg
IMG_8876.jpg

夏のきのこから秋のきのこへと移り変わり、季節を追いかけて山へと足を運びます。そろそろお店も忙しい時期に差し掛かるので時間を作るのがちょっとタイヘンですがきのこも逃したくないですね!!
21:22  |  天然きのこ狩り  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

天然きのこ大豊作!

2018.07.20 (Fri)

つい先日採れ始めたばかりのヤマドリダケモドキ(セップ/ポルチーニ)ですが、どうも今年は当たり年らしく毎日どんどん採れています。

今日の収穫はこちら!どーーんと2kg以上はありますよ。昨日も同じ場所で採ったばかりなのに24時間後にはこうなのですからきのこは全く不思議。毎日ろくに雨も降らず焼けるように暑いのにびっくりするばかりです。
たくさん採れてすぐに使い切れないときはおお振りに切ってバターでソテーして冷凍しておきます。そうすると味や香りを保ったまま保存できるのでしばらくご提供できると思います♪

01:42  |  天然きのこ狩り  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT