05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

山梨県産ジビエ入荷状況【2017年11月〜2018年春】

2018.04.01 (Sun)

2017年11月〜2018年春シーズンの
山梨県で獲れた国産ジビエの最新入荷状況をお知らせします。

今期の狩猟期間は終了しましたので山梨県産ジビエ料理は売り切れじまいとなります。
ご希望の方はなるべくお早めにご予約ください!

2018年4月1日現在

山梨県産ジビエを使ったお料理はすべて完全予約制となっております。
入荷状況をご確認の上、出来るだけお早めに(基本的には3日前までに)ご予約の上ご来店ください。
こちらのコースはランチタイム、ディナータイム共通のメニューです。お料理の内容は一組の皆様同じメニューでご注文下さいませ。

シカ (入荷しています) 詳しくはこちらもご覧下さい!
  コース料金 6,500円

イノシシ (入荷しています) 詳しくはこちらもご覧下さい!
  コース料金 6,500円

キジバト (入荷しています) 詳しくはこちらもご覧下さい!
  コース料金 6,500円

キジ (入荷しています) 詳しくはこちらもご覧下さい!
  コース料金 7,500円(二名様単位でご注文下さい)

真鴨(オス) (入荷しています) 詳しくはこちらもご覧下さい!
  コース料金 7,500円(二名様単位でご注文下さい)

真鴨(メス) (今季終了) 詳しくはこちらもご覧下さい!
  コース料金 7,500円(二名様単位でご注文下さい)

カルガモ (入荷しています) 詳しくはこちらもご覧下さい!
  コース料金 7,500円(二名様単位でご注文下さい)

上記のコースの内容は「料理全4品、自家製パン、デザート、コーヒーと小菓子」です。
その他ご希望の金額でご希望のジビエをメインディッシュにしたコースをお作りする事も出来ます。



この他にいくつかのジビエ料理をお楽しみいただける特別コースもご用意できます。
こちらのコースは一週間程度前までにご予約くださいませ。

国産ジビエのおまかせコース(10,000円より)
 料理全5品(うち3品程度ジビエ料理)
 自家製パン、デザート、コーヒーと小菓子
11:17  |  山梨県産ジビエとハンティング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

2017〜2018狩猟シーズン終了!

2018.02.15 (Thu)

本日2月15日をもって山梨県の今季の狩猟期間が終わりました。(鹿と猪は3月15日まで延長されています)
11月15日からの3ヶ月間、長いようであっという間のハンティングシーズンでした。


今季の結果はこんな感じです。

キジバト 80羽
オスキジ 7羽
オスコガモ 2羽
メスコガモ 3羽
オスマガモ 3羽
メスマガモ 1羽
カルガモ 4羽
ヒドリガモ 1羽
キンクロハジロ 1羽
ヒヨドリ 2羽
 計 104羽

ハンティングを始めて4回目の冬ですが、数も内容も充実したシーズンになりました。ハンドポンプ式の「エースハンター」を使っての猟としてはかなり頑張ってる方だと自画自賛です。
期間中、シェフはほぼ毎朝夜明け前に起きて仕事前に数時間一巡り。とにかく遭遇のチャンスを増やすことが大切です。
シーズンを重ねるごとに獲物に出会える環境をつかむことが少しづつ出来てきました。
何よりもお客様に「美味しい!」と言って頂けることが一番の励みですね。

猟期は終わって新しい入荷はもうありませんが、もうしばらくは山梨県産ジビエ料理はご用意できます。素材が品切れになるまでの売り切れじまいですから食べたい方はできるだけお早めにご予約くださいませ!お待ちしております。


山梨県で獲れた国産ジビエを使ったお料理はすべて完全予約制となっております。
入荷状況をご確認の上、出来るだけお早めに(基本的には3日前までに)ご予約の上ご来店ください。
メニューや入荷状況など詳しくはこちらをご覧下さい!
16:17  |  山梨県産ジビエとハンティング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ハンティングレポート

2018.02.06 (Tue)

※人によってはグロテスクと感じる写真などがありますのでご注意ください。

早いもので今季の狩猟期間もあと10日ほどとなりました。(鹿と猪は3/15まで延長されています)
もうちょっと頑張りたいなと、おそらく今季最後の峡北方面へ出かけて行きました。

双葉町から見る富士山。冬の富士山はやっぱり綺麗ですね。


エリソンのある峡東地域はかなり雪は消えていますがこっちの方はまだ少し雪が残っていますね。
この時期、寒波が来ると池が全面結氷して鴨類もどこかへ行ってしまって猟にならないのですが、この日は一部の池は凍っていましたが溶けている池もいくつかありました。
IMG_7889.jpg

まずは小鴨。
※クリックでぼかしが外れます。
IMG_7887.jpg

あとはキジバトを二羽ゲットしました。
IMG_7896.jpg

遠方からもジビエを食べにきてくださる客さまも多くなりシェフも毎日夜明けと共に起きてガンバっています!
2月15日で狩猟期間が終われば新しい入荷はなくなってあとは売り切れじまいとなります。山梨県産のジビエ料理を希望される方はぜひお早めにご予約くださいませ。

山梨県で獲れた国産ジビエを使ったお料理はすべて完全予約制となっております。
入荷状況をご確認の上、出来るだけお早めに(基本的には3日前までに)ご予約の上ご来店ください。
メニューや入荷状況など詳しくはこちらをご覧下さい!


16:28  |  山梨県産ジビエとハンティング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

地元で獲れた仔イノシシ

2017.12.09 (Sat)

いつもの北井さんから「仔イノシシ」を分けてもらいました。
半身でこのぐらいの大きさです。
仔イノシシなので脂は薄めですがお肉の柔らかさはとびきりだと思いますよ♪


せっかくいろいろな部位があるのでそれぞれに生かしてみようと思います。
まずはもも肉を外しました。これは生ハムにしてみようかなと思って、塩と砂糖を揉み込みました。
数日下漬けをしてから、本漬け。塩抜き、熟成と進みます。
大きさも骨つきで2kg弱ぐらいなので何年もかからず仕上がるとは思うのですが、完成まではしばらくかかります。
IMG_7714.jpg

他の部位は背肉はロースト用に骨つきで切り分け、バラ肉はとりあえず塩漬けにしました。

腕の肉と端肉は塩漬けにしてからリエットに!
イノシシの脂とともにじっくり柔らかく煮込んでから細かくほぐしてペースト状になっています。
あ〜ワインが進む一品が出来上がってしまいましたよヽ(´∀`)ノ
24775229_925868587568533_4335470587311882943_n.jpg


山梨県で獲れた国産ジビエを使ったお料理はすべて完全予約制となっております。
入荷状況をご確認の上、出来るだけお早めに(基本的には3日前までに)ご予約の上ご来店ください。
メニューや入荷状況など詳しくはこちらをご覧下さい!

21:43  |  山梨県産ジビエとハンティング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ハンティングレポート

2017.12.05 (Tue)

※人によってはグロテスクと感じる写真などがありますのでご注意ください。

今年の峡東地域は割と鴨が多いのか昨年より遭遇チャンスに恵まれています。
カルガモ、マガモのメスと続けて獲れました。
遭遇が多くなると気が焦らずに落ち着いて狙えるようになるのでその分確実性が増すかもしれませんね。
ほぼ毎日行っていても獲物に出会えない時もありますし、鳥の気配に気を配りながら探し回り、集中を切らさないようにするのもなかなか大変なようです。

これはマガモのメスですがオスに比べて地味な色合いをしているのでぱっと見はカルガモと見分けがつきにくいんです。
カルガモの方がくちばしの黄色が鮮やかで顔の白線がくっきりしています。

野生のものなので個体差はあるのですが、味わい的には
野趣がある>食べやすい
オスマガモ>メスマガモ>カルガモ
こんな感じの順番かな〜と思います。どれを選ぶかの参考になさってみてくださいね。

※クリックでぼかしが外れます。



山梨県で獲れた国産ジビエを使ったお料理はすべて完全予約制となっております。
入荷状況をご確認の上、出来るだけお早めに(基本的には3日前までに)ご予約の上ご来店ください。
メニューや入荷状況など詳しくはこちらをご覧下さい!

21:27  |  山梨県産ジビエとハンティング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT