11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

ハンティングレポート

2015.12.17 (Thu)

今週も峡北方面にハンティングに行ってきました。
今週はシェフが単独で行くというので撮影係として同行しました。
※今回の記事には人により不快に思う写真や表現があるかもしれませんので
閲覧には注意して下さい。

使う銃はシャープ・チバ製「エースハンター5mm」です。
IMG_3902.jpg

朝6時勝沼出発で7時頃に最初の猟場到着です。
狩猟を行っても良い時間というのは日の出から日の入りまでと
決まっています。
当然、時期や地域によって違うので県ごとのハンティングマップに
発砲してもいい時間が表になっていますのでそれを確認して猟を行います。
この日は6時50分ぐらいからだったかな?

この時期としては南アルプスや八ヶ岳に雪が少なくて心配になりますね。


猟ができる池に到着したら、まずはそっと近づきます。
鳥は主に情報を視覚から得ているので見つからないように。
IMG_3874.jpg

身を屈めてそーっと覗き込んで水面の波紋などを見て鳥が居るか観察します。
鳥がいたらそれが撃ってもいい鳥かどうか確認します。(←これ超大事)
ハンターになるには野鳥の知識や観察眼も必要なんですね。
IMG_3875.jpg

で、狙いをつけて撃つ!
IMG_3879.jpg

鳥がいなかったり、狩猟対象外の鳥だったり、打ち損じた時は次の池に向かいます。

そーっと近づき。
IMG_3838.jpg

あっ、なんか居る!!
IMG_3842.jpg

これは動画でどうぞ!
最初に見えている3羽の黒い鳥は「オオバン」で狩猟鳥獣ではありません。
その右に来ている「クロガモ」を狙って撃ったのですが…

[広告 ] VPS


鳥のちょっと手前に着弾してクロガモは潜って逃げましたね(;´∀`)ドンマイ!

この池には撃ってもいい鳥はいなかったけど美しい白いサギが!
結構大きいし、池にいるので「ダイサギ」だと思います。
IMG_3852.jpg

池。
IMG_3901.jpg

池。
IMG_3883.jpg

池。
IMG_3895.jpg

池。
IMG_3922.jpg

チャンスが到来しました!!
IMG_3854.jpg

何羽かの鴨がいます。
最初の発砲のあとパタンパタン聞こえているのはエースハンターに
空気を入れるポンピングをしている音です。

[広告 ] VPS


お見事!ホシハジロのオスです。
一発で仕留めて完全に絶命しています。
IMG_3856.jpg

水鳥の回収はなかなか難しいのですが、今回はこれを使います。
今回がデビュー戦となる手作りの鴨キャッチャー的な物。
1、800円ぐらいで買った4.5mののべ竿に短めのテグスを結び、
針金を曲げて作ったフックを取り付けました。
IMG_3871.jpg

ちょうど水の流れで岸に寄って来たこともあり引っ掛けて
見事に引き寄せられました。
IMG_3859.jpg

無事回収終了!
葦にからんだり遠くて届かなかったりして、 回収に1時間かかるなんてこともあるので
今回は運が良かったです。
IMG_3861.jpg

すぐにその場で「腸抜き」します。
お尻の羽を毟り、切り目を入れて針金を曲げて作った腸抜き用の道具で
切らないように腸を引き出した、中を水で洗い冷やします。
※ややグロテスクです。閲覧注意。

[広告 ] VPS


背中の辺りに当たっていました。
散弾銃の場合は1mmぐらいの散弾を使うためどうしても肉に複数個の
弾が入ります。調理する時に注意して弾を取り除くのですがどうしても
料理に残る時があります。
空気銃(エアライフルの場合は一発なので弾が残るという事はなく、
肉質も痛めにくいのでそこはいい所です。
IMG_3866.jpg

そうこうしているうちに小淵沢まで到着しお昼ご飯の時間になりました。

せっかくここまで来たのでリゾートホテル「リゾナーレ八ヶ岳」にやってきました。
IMG_3911.jpg

ここにエリソンで開店当時からお世話になっている甲府のワインショップ
「マルシェ・オ・ヴァン」さんがガレット屋さんを出店しているんです。
IMG_3921.jpg

森の風景を眺めながらちょっとしたリゾート気分で。
IMG_3912.jpg
IMG_3914.jpg
IMG_3917.jpg
IMG_3919.jpg

帰りも一応同じ道を辿り、逆から池をチェックしつつ帰りました。

今回の獲物はヒドリガモが一羽。
なかなか大変ですが、ハンティングは面白いですね。

今回穫った「ヒドリガモ」は、初めて手にしたので味を見るために
自分たちで食べちゃう事にしました。(^^ゞ
また次回獲れたらお店でも提供しますのでしばしお待ちください。


20:15  |  山梨県産ジビエとハンティング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |