09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ヤギの角と除角

2018.04.25 (Wed)

ヤギって基本的には角が生える動物なんです。
ですが一部の種類はその限りではなく、日本で一般的な乳用ヤギの種類「日本ザーネン」は角が生えない場合があります。
(ちなみに小型の白ヤギ「シバヤギ」は必ず角が生えます)

エリソンにいる日本ザーネン系雑種の二頭はそのパターンでマカロンは有角。
IMG_4548_20180425200147805.jpg

マドレーヌは元々の無角です。
よく角の有無でオスとメスだと思われるのですがオスメスは角の有無に関係ないんです。
IMG_4552.jpg

学生の時の生物の授業を思い出していただきたいのですが、無角遺伝子が優勢遺伝で有角遺伝子が劣勢遺伝になっています。
なので見た目に角有だと有有の組み合わせ。見た目に無角だと無有か無無のどちらかの組み合わせです。
ならば交配で無角にしてしまえばいいかと思うのですが、もう一つ日本ザーネンの遺伝の法則として無無のメスは生殖機能を持たないのです。
マドレーヌは見た目無角ですが発情は正常にきているので無有の組み合わせだと推測されます。
家畜として生殖機能を持たないのは困るので基本的には無無の組み合わせが出るような交配は避けたほうが無難です。

ヤギの角は結構大きくなりますから除角を推奨されています。対人間もそうですがヤギ同士の争いによりケガする心配もあります。
マカロンを飼うときにどうするか考えたのですが、たくさんは飼わないし気をつければ大丈夫かと思って除角をしませんでした。
人間に対してはちゃんと躾をして頭突きなどの行為はほぼしないのですがヤギ同士は習性ですから結構激しく戦います。
時にはマドレーヌが突かれてちょっとだけケガすることもあり、やっぱり除角しておいた方が安心だったかも…と思わなくもない感じです。
ちなみに牛もあまり角があるイメージないかもしれませんがそれは除角をしているからなんです。闘牛とかを見てもわかるように本来は立派な角が生えます。

マカロンの子供達はマカロンは有角ですし父はシバヤギなので必ず角が生えます。
オスは角もより立派になりますし力も強いですから角があるとかなり危険です。
この先のヤギ生がどうなるかはまだわからないのですが、将来のために除角はしようと思います。


生まれて5日目ですがちょっとだけ角の兆候が出ています。
IMG_4554.jpg

生まれて一週間から二週間が除角に最適な時期なので金曜日に獣医さんがきてくれることになっています。
処置するときは痛いでしょうが大きくなってからするよりはマシなのでちょびっとだけ我慢してちょうだいねm(_ _)m
IMG_4557.jpg
21:09  |  ヤギを飼う  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rherisson.blog66.fc2.com/tb.php/1240-d2be70b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |