10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

日本ワインのラベル表示基準制定

2018.10.31 (Wed)

2018年10月30日に日本で初めて国が定めるラベル表示の基準が制定されました。
ニュースなどにもなっているのでご存知の方も多いでしょうか。

ワイン造りの管轄官庁である国税庁よりこんなパンフレット(PDF)も出されています。
https://www.nta.go.jp/publication/pamph/sake/winelabel_2.pdf


国産原料を100%使ったワインには「日本ワイン」が表示義務になるんですね!
この中で「品種表示」の基準はまだわかりやすのですが「地名表示」については結構わかりにくい…
これはなぜかというとフランスなどのワインにはあまりない「醸造地」の概念が表示に組み込まれているからなんです。

このパンフで言うと
「(参考)地名が表示されている場合の見方」
①ブドウの収穫地
②ワインの醸造地
③ワインの産地
この違いがちょっとすんなりとはわからない…

このパンフの例で言うとこういうことです。
①のケース「長野シャルドネ」は長野で採れたブドウを85%以上使っていれば醸造地は問わない。
②のケース「北海道醸造」は醸造地が北海道であればブドウの生産地は問わない。
③のケース「滋賀ワイン」はブドウの収穫地も醸造地も滋賀県。

個人的にはワインのラベルの地名表示はブドウの生産地由来に統一した方が分かり易かったし世界基準なのではないかと思うのですが各方面の都合もあるのでしょう。

③の「収穫地も醸造地も表示エリア内と」はどういうことなんでしょうか?このエリアが県レベルならいいのですが市名やもっと小さいエリア名なら?
これにはルールがあって市町村以下の小さなエリア表示の場合はそのブドウ生産エリアを含む市町村および隣接市町村を醸造地とするってことなんです。
具体的にいうと、例えば甲州市勝沼町に鳥居平という地区があって良いブドウができる地区として知られているのですが、ワイン名に「鳥居平」と付けるには甲州市か隣接市町村で醸造しないと、例え鳥居平で収穫したブドウを100%使っていてもダメってことなんですね。

最近ワイナリーが醸造場を新しく増やしているのにはこのルールの制定が無関係ではないと思います。今までは山梨県北杜市や長野県塩尻市のブドウも勝沼のワイナリーで醸造していましたが、今後はそのままだと地名を名乗れなくなるのもあって新しい醸造場を作ったのです。

エリソンの隣のペイザナ中原ワイナリーでは影響はあるのでしょうか?
まずドメーヌ・ポンコツのワイン「おやすみなさい」「jalopy」「まどぎわ」は問題ないですね!
ドメーヌ・オヤマダの「BOW!!」は問題なし。「祝」は甲州市勝沼町の地区名、「日向」は隣の山梨市の地区名なので醸造地問題はクリア。
しかし「洗馬」は長野県塩尻市にある畑の地区名なんです。この畑は小山田さんが前職の時から個人的に10年以上栽培してる畑でドメーヌ・オヤマダのフラッグシップとも言えるワインですが、今回のルールの制定によりワイン名の変更を余儀なくされるということです。

具体的にルールが適応されるのは「制定後に瓶詰めをしたものから」だそうで、それもあってか今年の洗馬の収穫後の10月29日に樽熟成が済んだ2017年収穫分の洗馬を瓶詰めしていました。
なので今冬発売予定の「洗馬・赤2016」「洗馬・白2017」と来年発売予定の「洗馬・赤2017」に関しては現行通り、それ以後は新ワイン名でリリースの予定となります。どんなワイン名になるか楽しみにしましょうね♪
13:21  |  ペイザナ中原ワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rherisson.blog66.fc2.com/tb.php/1299-569c7966

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |