11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

ヤギの乾乳とフェタチーズ作り

2018.11.20 (Tue)

四月に子ヤギを出産し七月から搾乳を続けてきたマカロンですが、種付けもしたしそろそろ乳搾りを止めようと思います。搾乳をやめ乳を止める作業を乾乳といいます。もうちょっと出産が近づくまで搾っていてもいいようですが寒い時期に搾るのも大変なのでそろそろいいかなと思いました。

出産前から与えていた配合飼料を止めてその数日後から乳搾りを一日おきにしました。最初の方はかなり張っていましたがだんだんそれほどでもなくなってきましたね。この時に乳房が熱を持ったりするようだと乳房炎の可能性もあるので注意が必要です。マカロンはもう少し様子を見て完全に止める予定です。

ミルクの量や回数が減ったので普通にチーズを作るのもやり難くなってきたので、今度はフェタチーズ作りに挑戦してみました。フェタチーズはギリシャ風の羊乳や山羊乳を使ったチーズでよくオイル漬けになったのが売られていますよね。
作り方はフレッシュのチーズを塩漬けにして保存すればいいようです。
*ヤギのミルクや製品は営業許可の関係でお店で提供することはできません。詳しくはこちらをご覧ください。

使用する道具は熱湯などを使って殺菌してくださいね。
チーズの凝固はレンネットを使ってもいいのですが、簡単にするために酸を使った凝固で作りました。搾った生乳を漉してから鍋に入れ中火で温めます。殺菌は72度で15秒なのでこれでOKですね。沸騰直前(90度ぐらい)になったら弱火にして酢かレモン汁を5%(1リットルあたり50cc)入れ混ぜます。1〜2分弱火にかけながらかき混ぜていると分離してきます。


ザルにペーパーを引いて漉します。このままでもカッテージチーズとして食べられますよ!
IMG_9256.jpg

いつも使っているチーズの型(100均一の薬味入れ)に入れてスプーンなどでぎゅっと押して水分を切ります。
IMG_9275.jpg

重石として同じ型に水を入れたものを乗せ一晩おきます。下の容器に溜まった水は適宜捨ててください。
IMG_9273.jpg

一晩置くとかなり締って固くなります。適当な容器に入れ塩をたっぷりとまぶします。水分が出るので適当に捨てたり塩を足したりしながら様子を見ます。かなりカチカチになりますね。
IMG_9247.jpg

食べるときは水に浸けてしっかりと塩抜きしてそのままか、ハーブなどを入れたオリーブオイルに漬けて風味をつけて食べるといいと思います。
塩をたっぷりと振っているのでこの状態でかなり日持ちがすると思われますので、このまま保存してしばらくしたら食べてみようと思います。
21:13  |  ヤギを飼う  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (現在非公開コメント投稿不可)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://rherisson.blog66.fc2.com/tb.php/1307-99843ddf

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |