01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ヤギの身体測定

2018.10.30 (Tue)

徐々にでかくなるヤギーズですが今の体重がどのくらいか気になっていました。
ちょうどヤギの体重の推定の仕方を見つけたので測ってみましたよ。

計算式は
胸囲×胸囲×体長(胸からお尻まで)÷12,000


マカロンの推定体重!
84×84×78÷12,000=45,8kg
IMG_6668.jpeg

マドレーヌの推定体重!
88×88×85÷12,000=54.8kg
IMG_6669.jpeg

マドレーヌはマカロンより大きく育っていて、ざっと見た感じ60kg近くはあると思っていたので推定とは言えいい線行っているんではないでしょうか。
私は体重では完全に負けていますから引っ張りっこになったら最近は完敗ですよ😅

体重は餌の量を決めるのにも必要な情報なんです。
夏場は雑草を刈って与えたり散歩中に好きに食べるので量は適当なのですが、青草の季節が終わると牧草を購入して与えます。
乾燥牧草を与える場合の一日の量の目安が体重の2.5%なんですね。あげすぎてデブになっても困るし少なすぎて腹ペコでも困りますから。計算するとマカロンの目安量は1.15kg程度、マドレーヌの目安量が1.37kg程度とわかります。

牧草って届いた時はぎゅーっと圧縮されているのでそれほぐして与えるのですが、意外と一定の量を計るのが難しいんです。ほぐすとふわふわとかさが増えてしまって量が決めにくい。なので簡易的な計量装置を作って重さを計って量を決めています。

まあ計量装置というほど大げさなものではないんですが、100均で買った吊るし式のバネばかりに紐を付けたカゴを吊るして計量しています。
IMG_6672.jpeg

5kgまで計れます。すごい精度ではないでしょうがヤギの餌を計る程度ならOK!
IMG_6673.jpeg

冬場の餌は牧草を主食に野菜クズ、貰った稲わらや大豆がら、スーパーで貰ってきたキャベツの外葉などです。
20:19  |  ヤギを飼う  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

猫と山羊

2018.10.11 (Thu)

最近、ヤギの散歩をしているとよく会う猫がいるんです。野良猫なのですが近所で猫を飼っている人に餌をもらっているのかわりと丸々しています。


ある日も散歩中に草を食べているヤギをぼーっとみていたら視線を感じる!猫がやってきてこっちを見ているんです😊
少しずつ接近を試みてみました。ちょっと近づくと逃げるけど少し離れた場所からこっちを見る。の繰り返しでした。
[広告] VPS


どっかに行っちゃったなーって思っていたらまたやって来たみたいでマカロンが猫に気がついて接近を試みていました。ヤギも猫は気になるらしい…ビビりのマカロンはちっこい猫もちょっと怖いみたいで首と背中の毛を逆立てながら恐る恐るですけどね😁
[広告] VPS


しばらくしたらまた戻って来てさっきより近くに座ってのんびりとしていました。
[広告] VPS
00:18  |  ヤギを飼う  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

台風一過とヤギ

2018.10.02 (Tue)

またまたやってきた大型の台風が通り過ぎました。皆様のところは大丈夫だったでしょうか?
エリソンでは建物などのも特に被害はなくホッとしています。今日はまさに台風一過の青空が広がりました。


雨と共に風も瞬間的にはかなり強く吹きました。周りは森なので大小の枝が落ちてきます。
台風の後のお楽しみは実はこの枝!ヤギが大好きな葉っぱがたくさん落ちているんです!普段は手が届かない葉っぱが食べ放題なんですからヤギも夢中です。大きな枝などは片付けがてら拾い集めておくとしばらくのオヤツとなります。
IMG_5222.jpeg

裏の川も普段は清らかに流れていますが、今日はちょっと荒ぶっていますね。
もうあまり大きな台風は来て欲しくないものです…
IMG_5225.jpeg
00:09  |  ヤギを飼う  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ヤギ用の鉱塩ケースをDIY

2018.08.23 (Thu)

シェフが何やら工具を使って作業をしています。何を作っているんでしょーか?


ヤギを飼うときには塩が必須です。普通の塩でも良いのですが、ミネラルなどが含まれた家畜用の塩「鉱塩」を与えるのが良いみたいです。前に一つ知り合いに分けてもらったのですが小屋に適当に転がしておいたら湿気でボロボロに崩れてしまったので何か良い容器が欲しいなあと思っていたんです。

新しい鉱塩を飼料屋さんで購入しました。こんな感じの形で一個5kgなのでずっしり重いです。業務用(?)なので4個セットで3000円ちょっと。ちゃんと使えば一個をヤギ二頭で食べても相当持つと思います。
IMG_8888.jpg

色々考えてこんな形の容器を作って見ました。
塩の大きさピッタリに木を組んで、コンパネの底を付けて念のため水抜き穴を開けました。
IMG_8891.jpg

重みを付けるためと湿気を帯びにくくするためにしっかりめの台を付けました。
IMG_8892.jpg

出来たー!(とりあえずシュリンクごと入っています)
割と重みがあるのでやたら転がされたりしないとは思うのですが、ヤギは人間の思う通りにはいかないのが常です…
とりあえず小屋に入れてうまく食べられるか様子を見て見ましょう!
IMG_8895.jpg
15:09  |  ヤギを飼う  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ヨーグルトメーカーで作る自家製シェーブルチーズの作り方

2018.08.10 (Fri)

今年初めてヤギの搾乳を始めて自家製のシェーブルチーズ(ヤギ乳チーズ)を作っています。
何回か試作して美味しいチーズを作れるようになってきたので、全国で自家用にヤギを飼っている方に向けて美味しい自家製シェーブルチーズのレシピを公開します!!
残念ながら(?)身近にヤギがいない方は市販の低温殺菌乳を使えば少し酸味の効いたさっぱりとしたフレッシュチーズが作れますのでぜひトライして見てください。
*ヤギミルクや乳製品をお店で提供したり販売するには特別な営業許可が必要です。あくまでも自家用の範囲内でくれぐれも衛生管理に気をつけて自己責任でお試しください。

ヨーグルトメーカー の選び方ですが、温度が65度以上まで設定できる。牛乳パック以外の容器も使用できる。付属の容器が1L程度入る。などを基準にするといいと思います。Amazonで見ると「i-WANO」「アイリスオーヤマのプレミアム」と別売りの1L容器を一緒に購入などが良さそうです。
レンネットもAmazonで手に入ります。超微量しか使わないので3gもあれば一年分以上になりますよ。
チーズ型などは100円ショプなどで手に入る物を使えばOKです!詳しくはレシピの中でご紹介していきますね。

◆材料◆(130g〜150gのチーズ1個分)
搾りたてのヤギミルク(又は市販の低温殺菌牛乳) 1L
市販のプレーンヨーグルト
レンネット Amazonのページへ!


◆必要な道具◆
ミルクに直接触れる容器や器具はすべて熱湯に浸けるか掛けて消毒してください。
ヨーグルトメーカー Amazonのページへ!
クッキング用デジタル温度計 Amazonのページへ!
チーズの型 1個
木の板 2枚
耳かき
他、小鍋、ボール、スプーン、タッパーなど


エリソンではヨーグルトメーカーではなく湯煎調理器を使い一度に2L程度(2個分)作っています。なので写真はヨーグルトメーカーでの写真ではありませんが同じようにできます。

◆作り方◆
(1)
搾ったミルクを細かい濾し網かキッチンペーパーなどで漉して小鍋に入れる。温度計で計りながら65度まで温めヨーグルトメーカーの容器に入れ、65度の設定で30分間低温殺菌する。
(2)
殺菌が終わったら容器を取り出し氷水か流水に浸けて35度まで下げる。ヨーグルトを大さじ2杯入れてよく混ぜて35度の設定で1時間発酵させる。(市販の低温殺菌牛乳を使う場合は小鍋で35度まで温めてヨーグルトを加えこれ以降同じようにする)
IMG_8846.jpg
(3)
レンネットを小さじ1の水に溶かす。レンネットは超微量で効果があります。ここではダイソーで買ったポリカーボネート製の耳かきを使用して耳かき1/2計っています。この耳かきは黒いのですくったレンネットの量が見やすくてオススメ。
IMG_8818.jpg
IMG_8821.jpg
(4)
1時間の発酵が終わったミルクに溶かしたレンネットを加え素早く3回ほど混ぜる。これ以降はなるべく混ぜたり揺らしたいしないよう注意!38度の設定で3時間発酵させる。
(5)
うまく発酵してレンネットが効いているとホエー(水分)が上に浮かび、カード(固形分)が沈んでくる。スプーンなどで抑えながらホエーだけをこぼしてカードをすくいやすくする(ホエーはここでは全部抜けなくてOK)。抜いたホエーはパンを作るときに入れたり砂糖を入れて冷やしてドリンクとして飲んだりするといいですよ。
IMG_8766.jpg
IMG_8771.jpg
(6)
スプーンでカードをそっとすくいチーズの型に入れていく。固さ的にはヨーグルトよりやや固いぐらいです。この型は100円ショップのセリアで「薬味入れ」として売られていたもので、外側の容器とメッシュの内容器とフタがセットでチーズの型にピッタリ!
この時のカードの固さで使用したレンネットの量が適量かがわかります。カードが締まりすぎてゴロゴロした感じだとレンネット多すぎ、ヨーグルト程度の緩さで型のメッシュから漏れ出る感じだとレンネット少なすぎ。使用量が超微量なのでわずかな加減で調整して見てください。
IMG_8773.jpg
IMG_8848.jpg
(7)
型にカードを全て入れ上を軽くならしたら外容器に入れフタして1時間ほどそのまま置いておきます。容器に溜まったホエーを捨てて冷蔵庫に入れます。夜ごろもう一度ホエーを捨てて塩を三本指でふたつまみほど満遍なくかけ、一晩置きます。
IMG_8775.jpg
(8)
二日目。用意した木の板はセリアで桐のまな板として売られていたものですが他になんでもいいです。二枚用意するか一枚を二つに切って使用してください。板を軽く濡らしてから拭いて置き、内容器をひっくり返して取り出します。
IMG_8812.jpg
(9)
三本指で3つまみほどの塩を上と側面に振りかけます。(塩の量は好みで加減してください)板がすっぽり入るタッパーなどに入れラップで覆い冷蔵庫で一日置きます。
IMG_8814.jpg
(10)
三日目、もう一枚の板を濡らして拭いてから上に置きひっくり返します。また板ごとタッパーに入れラップして一日冷蔵庫で置きます。
IMG_8835.jpg
IMG_8837.jpg
(11)
四日目、タッパーなどの保存容器にひっくり返して入れて完成です!!出来立てはフレッシュな味わい、数日経つと酸味がマイルドになってきます。一週間程度で食べきって下さいね。
IMG_8852.jpg

12:40  |  ヤギを飼う  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT