01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ハンティングレポート

2019.01.23 (Wed)

今年は雪が降らないので車でも走りやすくありがたいですね。
時間を作って峡北方面へ出かけて行きました。

エリソンのある峡東地域は稲作があまり行われていない関係かこういった池がほとんどないんですが、甲斐市や北杜市方面にいくとこういった水鳥が棲む池がたくさんあるんです。
早朝に着くように夜明け前に勝沼をでました。寒い時は全面結氷する池もあるのですがこの暖冬のおかげで溶けている池が多いです。この池も手前の方は氷が浮いていますが奥の方は溶けています。浮かべる水がないと鴨類などの水鳥はいなくなっちゃいますからね。


早速小鴨のオスをゲットしました。
*クリックでぼかしが外れます。
IMG_9463.jpg

さらに小鴨メス。
今年は暖冬のせいか他の理由かわかりませんが峡東地域で真鴨や小鴨をほとんど見かけないんですよね。カルガモは割といるのに。真鴨などは渡り鳥なので寒くないともっと北のほうに留まっているのかな?と思ったりしますけどどうなんでしょう…?
IMG_9467.jpg

キンクロハジロのメス。水鳥は基本的に水の上に落とすのでいかに回収するかが大変です。できるだけどんな状況でも対応できるように釣竿にフックを付けたもの、たも網、胸までのウェダー、最悪の場合は水に入れるよう着替え、などを準備しています。撃ち落としたものが回収不可能になるのはハンターとしては絶対に避けたいものです。
IMG_9471.jpg

一日かけて右から小鴨オス、小鴨メス、小鴨オス、キンクロハジロメスです。真鴨が取れなかったのが残念ですが4羽は大収穫ですね。
IMG_9481.jpg

山梨の狩猟期は2月15日(鹿と猪は3月15日まで延長)までです。あと一月弱のシーズンですから事故のないように頑張りましょー!!山梨県産のジビエ料理が食べたい方はぜひお早めにお出かけくださいね♪

山梨県で獲れた国産ジビエを使ったお料理はすべて完全予約制となっております。
入荷状況をご確認の上、出来るだけお早めに(3日前までには)ご予約の上ご来店ください。
メニューや入荷状況など詳しくはこちらをご覧下さい!
13:16  |  山梨県産ジビエとハンティング  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ドメーヌ・オヤマダもうすぐ新ワイン発売!

2019.01.20 (Sun)

冬の間のワイナリーでは何をやっているかというとメインは剪定ですね。年末ごろから冬の間に剪定を終わらせて春の芽吹きを待つわけです。その他にペイザナ中原ワイナリーでは自前で苗木作りもやっているので剪定枝を使って苗木作りの準備もします。

そしてそろそろ昨秋に収穫したブドウから作ったワインの出荷が始まるようです。まずはドメーヌ・オヤマダのBOW!の白赤です。何日かに分けてタンクからの瓶詰めの作業をします。


こんな感じで何人かで流れ作業を行い次々と瓶詰めされていきます。かなりの手作り感ですね〜
IMG_9456.jpg

瓶にワインを詰めキャップをしたら一旦積み上げます。このあと数日かけて一本ずつ小山田さんがラベルを貼って出荷用の箱に詰めていくというわけです。
IMG_9453.jpg

さて、気になる発売日ですがドメーヌ・オヤマダの「BOW!」は2月の2週目8〜10日頃の発売になるようです(日程は酒販店ごとに違います)。
その後ドメーヌ・ポンコツのワインが各種、3月の上旬に発売予定です。エリソン・ダン・ジュールでも両ドメーヌのワインを店頭販売しますが、ドメーヌ・オヤマダもドメーヌ・ポンコツの発売に合わせ3月上旬の一斉発売を予定しています。

生まれたてのワインたちが皆様のお手元に届くのももうすぐ!もうちょっとだけお待ちくださいね♪
21:23  |  ペイザナ中原ワイナリー  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

暖冬?

2019.01.18 (Fri)

一年で一番寒い一月後半になったというのに今年はずいぶん暖かい日が続きます。
先週は一度みぞれっぽいのが降りましたが雪はまだ降りませんね〜
過ごしやすいのは良いですが急にドカっと大雪でも降りそうでちょっと怖い…


毎朝ヤギの世話をするときにバケツの水がどのくらい凍っているかでその日の明け方の寒さがわかります。
この時期ならガシガシ力を入れて割らないといけないほど凍るのですが今年ままだまだ薄い氷しか貼らないですね。
さてさてこの冬の残りはどうなるのでしょうか?
IMG_6826.jpeg
00:24  |  季節  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Menu du Hérisson のお料理紹介

2019.01.10 (Thu)

寒い日が続きますが冬は野菜も魚も肉も美味しい季節ですね。景色は冬空と冬枯れの樹々ですがお皿の上は彩り豊かです。

季節のお料理をご用意するコース「Menu du Hérisson(ムニュ・デュ・エリソン)」のメニューをご紹介します。コースの内容は日々変わっていますのでこれはある日のお料理です。

シェフが撃ったキジバトのお料理です。胸肉はロゼに焼き上げ、もも肉は挽肉にしてパン粉焼きに。冬の葉野菜の甘みと共に。


長崎県産のホウセキハタの低温コンフィ。プリッとほろっとした歯ざわりが楽しい。サフランのソースと地元産のポワロー(ポロネギ)の甘みを引き出したピュレを添えて。
IMG_9380.jpg

ペイザナ中原ワイナリーの赤ワインの絞りかすに漬け込んで風味を付けた自家製のベーコンと秋に山で採ったヤマドリタケモドキ(セップ/ポルチーニ)のソテーです。ソースは干したヤマドリタケモドキの出汁を使った香りと旨みが豊かな軽いソース。
IMG_9395.jpg

徳島産のヒラスズキ。ヒラスズキは夏が旬のスズキと違って冬が旬の高級魚です。ぎゅっと締まった白身が美味しいんです。皮目がパリッとなるようにポワレして、山梨の郷土野菜で1mほどの長さと味の濃さが特徴の大塚にんじんを添えました。
IMG_9430.jpg

シェフが撃ったカルガモのお料理です。まず一品はモモ肉の赤ワイン煮と挽肉にした手羽肉のパイ包み。
IMG_9412.jpg

二品目は胸肉をローストしてから軽いスモークに。松ぼっくりを使ってスモークしてあり刺激的な燻製香が漂います。
IMG_9414.jpg

ロゼ色に仕上げやや厚めにスライスして盛り付け。力強い野禽の味わいに負けないスモーキーな香りと数種のスパイスがワインを呼びます。
IMG_9419.jpg


山梨県で獲れた国産ジビエを使ったお料理はすべて完全予約制となっております。
入荷状況をご確認の上、出来るだけお早めに(3日前までには)ご予約の上ご来店ください。
メニューや入荷状況など詳しくはこちらをご覧下さい!
18:50  |  料理  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

あけましておめでとうございます

2019.01.01 (Tue)

あけましておめでとうございます
新年も変わらぬご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます

2019年が皆様にとっても素晴らしい一年になりますように

新年も1月1日より通常通り営業いたしております。ランチ、ディナー共に前日までにご予約の上ご来店くださいませ。お待ちしております。

01:15  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT